スパイス

【スパイス図鑑】ポピーシードの効能、特徴、オススメ料理とは?

ポピーシードサムネ

ポピーシードの効能とは?

【 効能 】

☆ 鎮静作用
☆ 防腐作用
☆ 駆風作用
☆ 収れん作用

ポピーシードには、収れん作用があるため、鎮静作用や防腐作用が期待されます。

 

また、駆風(くふう)作用があるため、お腹の調子をよくする働きがあるスパイスです。

駆風(くふう)作用とは、お腹に溜まったガスの排出を促進させることです。

ポピーシードの特徴とは?

【 学名 】
Papaver somniferum

【 別名 】
ケシノミ

【 科目 】
ケシ科ケシ属
一年生草本

【 原産 】
東地中海から
中央アジアまで

【 部位 】

【 風味 】
芳ばしいナッツのような香り

ポピーシードは、未熟果から取れる樹脂がアヘンとなります。

 

また、精製するとモルヒネになるスパイスです。

ポピーシードを使ったオススメ料理とは?

【 オススメ料理 】

・肉料理

ポピーシードは、加熱すると芳ばしい香りがします。

 

そのため、マトンやチキンのような肉料理との相性がバツグンです。

 

また、種をつぶすと、さらにリッチな香りを放つといいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA