スパイス

【スパイス図鑑】アサフェティダの効能、特徴、オススメ料理とは?

アサフェティダサムネ

アサフェティダの効能とは?

【 効能 】

☆ 鎮静作用
☆ けいれん改善
☆ 気管支炎改善

アサフェティダには、鎮静作用や痙攣を和らげる作用があるといわれています。

アサフェティダの特徴とは?

【 学名 】
Ferula asafetida

【 別名 】
ヒング
( サンスクリット語 )

【 科目 】
セリ科オオウイチョウ属
二年生草本

【 原産 】
南西アジア
北アフリカ

【 部位 】
茎や地下茎
主根の樹脂

【 風味 】
強烈な刺激臭+苦み

アサフェティダは、にんにくやトリュフのような強烈な刺激臭がします。

 

そのため、『 悪魔の糞 』という異名ををもつスパイスです。

 

ミックススパイスの原料でもあります。

アサフェティダを使ったオススメ料理とは?

【 オススメ料理 】

・野菜料理

アサフェティダは、油で炒めると旨味が生まれるといわれています。

 

そのため、玉ねぎを使った野菜料理との相性がバツグンです。

 

ただし、にんにくと同じく強烈な刺激臭がするため、使う時は少量にしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA