炎炎ノ消防隊

『炎炎ノ消防隊』第202話 【騎士王の大冒険】 最新話のネタバレ&感想

炎炎ノ消防隊202話

2020年1月8日発売 週刊少年マガジン6号に掲載されている炎炎ノ消防隊第202話のネタバレと感想です。

前回のお話

最新話 第202話 【騎士王の大冒険】

伝説の鉱石、オリハルコン!

しかし、実際には存在しないとのことです

ヴァルカンがアーサーに存在しないはずのオリハルコンの存在を伝えた理由

それは、アーサーの能力に関係があります

アーサーは騎士のイメージが捗ると強くなる

つまり、実在しなくてもイメージさえ出来れば、今以上に力を発揮できるというのです

これからの戦いでは、敵も化け物揃い

そうなると必然的に、アーサーのパワーアップが不可欠になってきます

ロールプレイングゲーム

ヴァルカンは実在しないオリハルコンをアーサーに探させようとします

そのため、一芝居打つ必要があります

その芝居に協力するのが、リサとヴァルカンの弟子であるユウでした

ヴァルカンはアーサーの知的レベルに合わせるよう、二人にアドバイスします

そして、ヴァルカンはリサ・ユウを引き連れてアーサーのところへ向かうのでした

3人と落ち合ったアーサー

アーサーの第一声は、王道の四人パーティのことでした

さながら、ロールプレイングゲームのようです

聞き込み調査

ヴァルカンから有力な情報が出てきます(嘘)

オリハルコンは見つけた者が居ない

ただ詳しい男はいるとします

その男とは

漬物屋の主人

さすがのアーサーも疑っています

しかしヴァルカンは漬物石を使う漬物屋は石にも詳しいとアーサーを説得

アーサーは一瞬で信じてしまいます

ということで、いざ漬物屋さんへ

漬物屋さんへ到着した一行は、主人にオリハルコンの在処を問います

すると、漬物屋の主人は呉服屋にあるとだけ答えました

アーサーが詳しく聞こうとしますが、漬物屋の主人は呉服屋にあるとしか答えようとしません

ヴァルカンの誤算

場面は紅丸とジョーカーの会話

第8が喧嘩を始めようとしているから味方をしようとする紅丸

ジョーカーは”地下(ネザー)”にも第8を味方する者が存在することを明かすのでした

場面は再び、アーサーたちへ

そんなこんなで、”伝説のスコップ(嘘)”を入手したアーサー

ユグドラシル(普通の木)の下にオリハルコンの在処のヒントが隠されているところまで辿り着きます

そして、伝説のスコップを使ってユグドラシルの根本を掘ることになります

やがて、1枚の紙が入った袋を発見します

その紙には

”灯台下暗し オリハルコンは最初に立ち寄った店にある”

と記されていました

ヴァルカンの思惑としては、漬物屋の主人が使っている漬物石がオリハルコンだった!というものでした

しかし、アーサーが辿り着いた答え

それは

灯台下暗し=暗いところ、つまりは地下(ネザー)

呆れかえる、ヴァルカン・リサ・ユウを尻目に、アーサーは地下へと向かうところでした

第202話 【騎士王の大冒険】おわり

感想

オリハルコンといえば、ド〇ゴンクエストでもお馴染みの伝説の鉱石ですね

そのオリハルコンをイメージ出来さえすれば、パワーアップ出来るというアーサーの能力はチートではありませんか

想像力が豊かな方が喉から手が出るほど欲しい能力でしょうね

子供だましのような手法でオリハルコンを探させたヴァルカン

ヴァルカンの手のひらで踊っていたはずのアーサーでしたが、思い通りに動かないのもアーサーの魅力ですよね!

まさか、紅丸とジョーカーの会話にも挙がっていた”地下”と繋がってくるとは思いませんでした

ここから第8の協力者に出会う展開になるのでしょうね~

さすが、アーサー!

ファインプレーですね

ますます気になる展開になっていますが、今回はここまで。

次回もおたのしみに~!

『今週号のマガジン』 みどころは?

『五等分の花嫁』第116話

➡三玖と四葉の本音、四葉の出す結論とは!

『ネクロマンス』第17話

➡聖結界の先は、ハーレムの里だった!?

『七つの大罪』第337話

➡マーリンの昔話!

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA