キングダム

『キングダム』第618話 【戦場への思い】 最新話のネタバレ&感想

キングダム618話

2019年10月17日発売 週刊ヤングジャンプ 46号に掲載されているキングダム 第618話のネタバレと感想です。

前回のお話

最新話 第618話 【戦場への思い】

絶体絶命のピンチの河了貂

その時、一本の矢が計布の顔面に突き刺さります。

河了貂のピンチを救ったのは、仁の矢でした。

なおも、計布の代わりに河了貂にトドメを刺そうとする超軍・張干。

仁も負けじと矢を射ることで、河了貂を逃がそうとします。

走りながらも矢を当ててくる仁に超軍も驚きが隠せません。

しかし、対する仁は、狙ったところに矢がいかないことに焦りを感じています。

なぜなら、狙いを外している理由が弓の限界が近いと感じているからです。

河了貂を追う超軍は5人。

仁の矢は5本。

一本も外せない状況に、ついに弓は限界を迎えます。

バキッと音と立てて、弓は真っ二つに割れてしまいます。

逃げる河了貂ですが、躓いてしまい倒れ込みます。

追いついた超軍の騎兵が槍を振りかぶった瞬間

仁は超軍の馬に捨て身でぶつかります。

全身の骨が折れる音がし、完全に意識を失う仁。

落馬した超軍は、河了貂の前に仁を処理しようと仁の首元に槍を突き刺します。

仁の首が槍で貫かれそうになった瞬間

仁にトドメを刺そうとしていた超軍兵の頭と胴体が謎の飛翔体により切り離されます。

それは、その飛翔体の正体は、淡の矢でした。

仁が傷つけられたことにより、今まで人を射れなかった淡の枷が外れます。

その威力は弓矢の威力ではありません。

大将軍の一振りそのものです。

鎧も意味を成しません。

超軍は金毛1人になります。

それでも金毛は河了貂に襲い掛かります。

しかし、ここでも淡の矢がさく裂します。

強固の鎧を身に着けている金毛でしたが、淡の矢は鎧を貫通します。

瀕死な状態な金毛は、河了貂に歩み寄り、語りだします。

国を背負う大人たちの戦いの場に飛信隊のように戦場に夢を見る者たちがいる限り、戦争は無くならないと激昂します。

対する河了貂は、その考えを否定します。

戦争が無くならない源は金毛たちでありながらも、各々が違う思いを持つことは必然なので否定はしない。

その上で、考えが対立するから戦うのであってそういう時に信なら敵の思いも飛信隊が背負っていくと言うだろうと伝えます。

飛信隊の思いを聞いた金毛は、黒羊で飛信隊により慶舎が討たれた理由に合点がいったと自己完結します。

それでもなお、超軍が勝つために河了貂を討とうとします。

そこへ、またも一本の矢が金毛の顔面を貫いたところで次回に続きます。

感想

みなさんも予想していたことかもしれませんが、個人的にも予想が当たって少し嬉しい気持ちでした!

それにしても、仁は格好良いですね~

躊躇なく馬に飛び込むなんて並の精神力では出来ないことですよ。

淡もようやくといったところでしょうか。

優しいが故に人を射れませんでしたが、仁に対する想いはそれ以上強かったのでしょうね。

枷が外れた淡は遠距離型の将軍級の威力が発揮できる人材ですから、飛信隊や秦国にとっては最大級の有益でしょうが、その分、敵から狙われやすいし、作品としても扱いづらいので退場が早いかまた枷に繋がれるかでしょうかね。

今回の話の最後に金毛は顔面を矢で貫かれています。

しかし、この矢は淡の威力にしては細い威力だったのが気になるところです。

退場したと思われた仁が射った矢なのかどうかは定かではありませんが、それでも矢の貫通音がドンッなので、特に深く考えず淡のものだったのかもしれません。

どちらにせよ、超軍の将軍を倒した+飛信隊の軍師を護れたのですから、秦国はより優勢になりましたね!

ますます気になる展開になっていますが、今回はここまで。

次回もおたのしみに~!

『今週のヤングジャンプ』みどころは?

『貧々福々ナズナさま!』第5話

➡またまた新キャラ登場!

お隣さんということで純レギュラー間違いなし!

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA