キングダム

『キングダム』第619話 【李牧本陣】 最新話のネタバレ&感想

キングダム619話

2019年10月24日発売 週刊ヤングジャンプ 47号に掲載されているキングダム 第619話のネタバレと感想です。

前回のお話

【扉絵】

寝そべりながら、頬杖をしてこちらを見ている羌瘣

最新話 第619話 【李牧本陣】

手傷は負ったものの超軍の将軍、金毛を打ち取った淡と、捨て身で馬に立ち向い瀕死状態の仁によって、なんとか命拾いをした河了貂。

仁の身を案じながらも、まだ戦いは終わっていないことから、すぐに戦場に戻ります。

金毛将軍が打ち取られた超軍は総崩れをします。

そこへ李牧本陣間近ということもあり、士気が高まっている飛信隊が攻め込みます。

超軍の喚声を聞いたカイネは、飛信隊に攻め込まれていることに気が付きます。

そんなカイネの元に紀彗軍の馬呈が赴き、カイネに李牧を助けに行くように促します。

一方、李牧本軍の守備兵を次々と倒し続ける飛信隊。

楚水騎兵隊は獄突陣で捨て身の突撃を見せ、崇原歩兵隊は騎兵の間をすり抜け突き進みます。

しかし、隊長の信は数人係りで止めに入られ、なかなか前に進めないでいます。

そして、羌瘣も無理がたたっているため、未だに呼吸が戻ってきていません。

その状況下で、ただ一人、飛信隊に喝を入れられる人物

それは、渕副長です。

総大将李牧は目前であり、これが最後の戦いとして尽力しろと激を飛ばします。

渕さんの喝により、飛信隊の士気は最高潮に達します。

そして、ついに去亥が李牧を目で捕らえます。

李牧に退避を求めるカイネと超軍。

焦るカイネとは裏腹に李牧は一切、冷静さを欠いておりません。

何か奥の手があるような不気味さがあります。

河了貂もここぞとばかりに、李牧を打ち取るように指揮を執ります。

李牧まで槍を投げれば届きそうなところまで来たところで、去亥が心の中で亡き松左への思いを巡らせます。

が、

しかし

そこへ超軍の一騎が乱入します。

そして、去亥はその者によって馬ごと真っ二つにされてしまいます。

―――――去亥、死去

去亥を斬ったのは、龐煖でした。

そして、 去亥が真っ二つにされたところを、信は目の当たりにします。

そして、 龐煖の闘気に当てられたのか、羌瘣は呼吸を始めるところで、次回に続きます。

感想

うわあああああん

キングダムの中でも、好きなキャラだった去亥が死んでしまい、ショックが大きいです。

どうしてなの・・・。

尾到(死ぬ原因)、麃公将軍、蒙恬の側近のじぃさま、そして去亥。

好きなキャラが悉く龐煖によって殺されてしまい、悲しくて仕方がありません。

李牧のマリオネットのくせに!

李牧も龐煖が居ないと何も出来ないくせに!

悲しいので、今回はここまで。

次回もお楽しみに~

『今週のヤングジャンプ』みどころは?

『貧々福々ナズナさま!』第6話

➡ナズナ様への願い事にも弱点が!?

タカオを救ったのは

なんと隣人の栞さんだった!?

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA