炎炎ノ消防隊

『炎炎ノ消防隊』第211話 【柱の下に】 最新話のネタバレ&感想

炎炎ノ消防隊211

2020年3月18日発売 週刊少年マガジン16号に掲載されている、大久保篤先生・原作『炎炎ノ消防隊』最新第211話のネタバレと感想です。

前回のお話

【 前回のあらすじ 】

✅モグラの『スコップ』参上!
✅大災害のはじまりを告げる”柱”が突如あらわれる
✅慌てる人々の運命とは…

第211話 【柱の下に】

【 ニュース速報 】

 

太平洋沖に大災害のはじまりを告げる”柱”が、突如あらわれたと放送されました。

 

第8消防隊メンバーは、テレビから離れないでニュースをみています。

 

柱の高さはおよそ500mほどです。

 

ニュースによると、柱は『まだ』1本しか確認されていません。

 

火華大隊長の予想だと、あと7本、柱が出現して大災害になるとのことです。

 

さらに、ニュースで緊急速報が入ります。

 

太平洋沖に現れた柱の近くに、巨大な”焔ビト”が出現。

 

緊張感に包まれる第8消防隊内でしたが、シンラがただ一人、海上での戦闘ができるとして、救援に向かうのでした。

捨て身の救援

シンラは巨大な”焔ビト”を戦うために、空中を移動しています。

 

【 柱の前 】

シンラより先に、柱の前にいる巨大な”焔ビト”と戦おうとしている者たちがいました。

 

第2消防隊です。

 

対海上迎撃陣形として、砲撃準備を整えます。

 

そして、そこには義足になりながらも戦いに参加をするジャガーノートの姿もありました。

 

(第2のほかに、灰島重工の黒野と大黒の姿もあります)

 

砲撃開始!

 

第2消防隊の重火器が”焔ビト”を襲いますが、まったく効いていません。

 

それでも、”焔ビト”の強さに、本田大隊長は動じず、ジャガーノートに攻撃の準備をさせます。

 

そして、ジャガーノートは会心の一撃を”焔ビト”に放つのでした。

 

そのとき!

 

シンラが第2消防隊と合流します。

 

そして、シンラは自らを犠牲にして、ジャガーノートの攻撃を阻止(そし)します。

シンラが攻撃を受けた理由:ジャガーノートの攻撃が”焔ビト”の後方にある柱に当てさせないため。

 

ジャガーノートの攻撃を受けたシンラは、ダメージを負いながら海に落ちてしまうのでした。

 

第211話 【柱の下に】おわり

『今週のマガジン』そのみどころは?

『 カッコウの許嫁 』8羽目

『幸』が凪とエリカが住む豪邸にやってきます。
実の姉妹である、エリカと幸の初対面回です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA