キングダム

『キングダム』第620話 【武神の咆哮】 最新話のネタバレ&感想

キングダム620話

2019年10月31日発売 週刊ヤングジャンプ 48号に掲載されているキングダム 第620話のネタバレと感想です。

前回のお話

最新話 第620話 【武神の咆哮】

秦国本陣

蒙恬によって手傷を負った馬南慈の隙を突いて、王翦は脱出します。

傅抵が王翦を追いますが、追いつけない様子。

王翦は逃げると同時に、李牧本陣に砂塵が舞っていることを確認します。

それは、李牧本陣の陥落が近いことを意味します。

蒙恬もそのことに気が付き、心の中で信の名前を呼びます。

王賁も何かを言いたそうな表情をしていますが、今は傅抵たちから逃げることに専念します。

その傅抵たちを蒙恬たち楽華隊が足止めする役目を買うのでした。

李牧本陣前

無残な姿になってしまった去亥。

そして、戦場に轟く龐煖の咆哮。

その咆哮に、敵味方関係なく周囲の者、騎馬たちはよろめきます。

龐煖から遠く離れた戦場にいたはずの尾平と昂は、聞き覚えのある声に震えが止まりません。

龐煖のところに行きたくないが、行かなければならない

信が龐煖の元へ行くことを阻止するために尾平は龐煖の元へ向かうのでした。

龐煖の出現に身動きが出来なくなる秦国軍。

その中で、龐煖に飛び掛かる者たちが居ました。

麃公兵です。

麃公の仇として、次々に龐煖に飛び掛かりますが、全く歯が立ちません。

そして、かつて麃公軍に居た飛信隊の岳雷、我呂までもが龐煖に立ち向かおうとします。

その時です。

トーン タン タン

何処からともなく、聞き覚えのある呼吸が聞こえてきます。

トーン タン タン

岳雷、我呂は足を止めます。

目を見開き、感情がないような表情の羌瘣が龐煖に襲い掛かります。

龐煖に初手を防がれる羌瘣

信に龐煖と戦わせるわけにはいかないとする羌瘣は、命を賭して龐煖に挑むのでした。

羌瘣vs龐煖 再びとしたところで、次回に続きます。

感想

龐煖の登場で戦場は荒れてますね。

これだから自称・武神さんはバランスブレイカーなんだから!

武神さんの登場で安心しきった表情の李牧さまにはガッカリですよ。

しばらくは武神さんは退場しないと思うのですが、羌瘣は戦い始めてしまいましたし、信も参戦するでしょう。

そうなると、誰かが退場するまで戦いは続くでしょうね。

羌瘣は明らかに無理をしていますから、このままではしばらく戦線離脱しそうな勢いでしょうか。

羌瘣は好きなキャラなので、退場して欲しくないところではあります。

ますます気になる展開になっていますが、今回はここまで。

次回もおたのしみに~!

『今週のヤングジャンプ』みどころは?

『貧々福々ナズナさま!』第7話

➡ある日の朝、寝坊してしまうタカオ

タカオはナズナ様に時を止めるように願うのだが・・・

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA