キングダム

『キングダム』第615話 【本陣の危機】 最新話のネタバレ&感想

キングダム615話

2019年9月26日発売 週刊ヤングジャンプ 43号に掲載されているキングダム 第615話のネタバレと感想です。

前回のお話

第615話 【本陣の危機】

超国左翼を攻める秦国右翼ですが、その後ろには秦国の段茶隊が待機しています。

その時、馬南慈軍が動きを見せます。

(前回ラストで挟撃される前)

段茶隊は馬南慈軍が王翦のいる本陣に狙いを付けているとは思っていないようで、命がけで秦国右翼の壁になるように護りを固めます。

そんな段茶隊には目もくれず、王翦本陣を攻める馬南慈。

ここでようやく、秦国も挟撃されたことに気が付きます。

両国本陣が双方とも挟撃を仕掛け、仕掛けられる今回の戦。

どちらが先に本陣を落とすかが勝敗の分かれ目になっているようです。

両本陣とも敵数人に攻め込まれますが、返り討ちにし、まだまだ余裕な感じです。

しかし、ここで秦国にとって誤算が生じます。

馬南慈の存在です。

カイネは言います。

馬南慈の本気は誰も止められないと。

それもそのはず、馬南慈は匈奴に”鬼人”と恐れられた圧倒的な武の持ち主だったのです。

さすがの王翦もこの予測を上回る馬南慈の力に陣から動くしかありません。

そんな王翦の遠目で見ていた李牧は確信します。

”勝った”と。

王賁の覚悟

疾走している馬南慈を追っていた王賁隊が見たのは、王翦本陣が落ちかけている現状でした。

満身創痍で左手で胸部を押さえ苦しそうな王賁ですが、すぐに助けにいくと命じます。

しかし関常は、二十騎程度しかいない今の王賁隊では、王翦の元へすら辿り着けないと王賁を説得して止めに入ります。

それでも王翦の元に向かおうとする王賁は、関常に後から援軍を連れて来るように命じますが、関常は逆に、王翦の元に向かう役目を請け負い、王賁は後から援軍を連れてくるように提案します。

押し問答が続き、関常が王賁に対して激昂します。

どうして死に急ぐのか、どう見ても二十騎程度では王翦は助けられないと断言します。

王賁は静かに語りかけます。

絶体絶命の窮地だからこそ助けに行かなければならない。”父”を。

この言葉に、番陽・関常は言葉にならない驚きを見せ、王賁と共に王翦本陣へ向かうのでした。

616話につづきます。

感想

ついに、両本陣に両軍が侵攻しましたね!

王翦が部下と下山する姿を見た李牧は勝ちを確信していましたね~(敗北フラグですよ、李牧さん!)

それにしても、馬南慈の強さは計り知れません。

一振りで十数人の蹴散らしています。

この人を止められる人いるのかな?

最後に、父・王翦と子・王賁との物語が動きを見せそうな引きが来ました。

今までは総大将を護るために動いていましたが、今回は父親を助けに行くとしていますから、王翦もこの際、蟠り(わだかまり)を解消してくれることを信じています!

ますます気になる展開になっていますが、今回はここまで。

次回をおたのしみに~!

『今週のヤングジャンプ』みどころは?

『貧々福々ナズナさま!』第2話

➡新キャラ登場!

その正体と能力とは、いかに!?

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA