キングダム

『キングダム』第616話 【王翦の退路】 最新話のネタバレ&感想

キングダム616話

2019年10月3日発売 週刊ヤングジャンプ 44号に掲載されているキングダム 第616話のネタバレと感想です。

前回のお話

第616話 【王翦の退路】

未だ退路が開けず、防戦一方の王翦本陣。

王翦の首を取ると息巻く傅抵と防戦にも関わらず眉すら動かさずに戦況を見定める王翦。

そこへ馬南慈が近づいてきます。

王翦本陣が次々と突破されていき、ついには王翦の喉元に超兵の槍が届きそうになります。

その時です。

満身創痍になりながらも超兵を仕留め、王翦の前に躍り出る王賁。

そんな王賁の姿を見て、王翦本陣の士気も回復します。

しかし、援軍にきた王賁隊の騎数は圧倒的に少ない。

その状態で王翦本陣へ突入してきたことに対して王賁は、王翦に咎められてしまうのです。

それでも王賁は、王翦には指一本触れさせないと傅抵・馬南慈たちに言い放ちます。

次世代の雄

一方、馬呈を追っていた蒙恬たち楽華隊も遅れ馳せながら、王翦本陣へ辿り着きます。

蒙恬たちの登場により、王翦たちに退路が出来ます。

王翦を逃がすまいと傅抵がいち早く動きます。

皆が王翦の護衛に間に合わないと考える中、王賁だけが傅抵の足を止める一撃を放つのでした。

傅抵は王賁に任せることにした蒙恬。

その蒙恬が相手にするのは、剛将・馬南慈でした。

馬南慈を止めなければ王翦は討たれてしまうと考えた蒙恬ですが、自己分析では100回戦って1回勝てるかどうかくらい武力に差があるとします。

しかし、その1回の勝利を掴む策が1つだけ存在します。

それは、蒙恬のことを知らない馬南慈に最初の一太刀を浴びせ仕留めること。

それが出来なければ間違いなく敗北を意味します。

馬南慈が蒙恬に対して大鉾を振りかぶります。

蒙恬が心の中で”じィ”に力を貸してと願い、大鉾を受け流します。

落馬するほどの態勢から馬南慈の右目を切り裂いたところで次回へつづきます。

感想

今回、李牧本陣の出番はありませんでした。

そのため、李牧本陣を攻めている飛信隊もお休みです。

代わりに、信と同じく次世代を担う王賁と蒙恬が大活躍しています。

この二人が居なければ、今回のお話で王翦は討たれていたかもしれません。

いえ、討たれなかったとしても手傷は負っていたでしょう。

それほどの活躍を2人がしています。

さらに、蒙恬ですが、敵将・馬南慈とのタイマン戦に突入。

勝負は一刀なので、すぐに決着するでしょうが、勝敗は次回以降に持ち越しですね。

今回の見どころは、王翦を護る王賁と戦死した”じィ”に力を貸して欲しいと願う蒙恬でしょう。

王翦は相変わらず王賁に対しては冷たい態度を取っていますが、これは王賁が無駄死にといいますか、傷ついてほしくないから来るツンデレのツンツン期でしょう。

この戦いが終わったらデレが来るでしょう。(フラグ)

また、蒙恬の中でじィの存在がどれほど大きなものだったかを考えると、辛くなりますね。

じィには見せられなかった姿ですが、将軍、大将軍になって、墓前で報告して欲しいものです。

王翦本陣を防衛出来れば、あとは信たちがどうにかしてくれるでしょうから、頑張ってもらいたいですね。

ますます気になる展開になっていますが、今回はここまで。

次回もおたのしみに~!

『今週のヤングジャンプ』みどころは?

『貧々福々ナズナさま!』第3話

➡ナンテンの名前が一気に広まった話題の回

面白いのはもちろん、スカッとするお話でした

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA