キングダム

『キングダム』第627話 【道の行方】 最新話のネタバレ&感想

キングダム627話

2019年12月26日発売 週刊ヤングジャンプ 4・5号に掲載されているキングダム第627話のネタバレと感想です。

前回のお話

最新話 第627話 【道の行方】

朱海平原15日目

モノローグ

” その日の朱海平原の夕日は、今までの闘いの日々の中で赤土の色を最大限に引き立てた “

信の異変を感じ取った河了貂は那貴と共に最前線へ

そこで目にしたのは、信と龐煖の激しい打ち合いでした

龐煖の強烈な一打により信は地にひれ伏してしまいます

周囲に居る飛信隊員から声援を受ける信

意識が朦朧とする中、再び”漂”と会話をしています

そして、漂たちだけではない

今この瞬間、生き永らえながらも信に声援を送り力を与え続けている存在

これら全ての想いが信の力の源であるようです

道なき道と迷い道

龐煖との闘いですでに限界を迎えている信

ようやく最前線へ追いついた河了貂は信の姿をみて、信の名前を呼び叫び

意識を保っているのもやっとな羌瘣は消え去りそうな声で信の闘いを辞めさせたい想いをつぶやきます

龐煖は龐煖で、何度地にひれ伏そうとも、そのたびに立ち上がり挑みかかってくる信の姿を見て心の中で自問自答をはじめます

武神の道を極めたはずなのに、信”たち”(信と信が想いを背負う者たち)は抗ってくる

極めたはずの道は本当は間違った道であったか、あるいは道そのものがなかったのではないだろうか

龐煖に”迷い”が生じます

その迷いは己の刃にも影響を及ぼします

信から放たれた渾身の一刃にとうとう龐煖の刃を砕きます

両断

ついに龐煖の刃は信によって砕かれます

龐煖が敗れそうになった時、超国兵は先に信を討ち取ろうという算段でした

そのため、超国兵が一斉に信に襲い掛かります

しかしそれを阻止したのが飛信隊古参メンバーでした

渕さんが槍を投げ敵を仕留め、田勇と田永が盾となり超国兵の前に立ちはだかります

武器を失った龐煖

心の刃も失ってしまったのか、信の魂の籠った一撃を受け止めきれません

田永、渕さん、河了貂、楚水、尾平、崇原、田勇、我呂、そして羌瘣

全員が口を開き唖然としています

――――両断

信が龐煖を両断したところで次回に続きます

(次回は年明け1/9です)

感想

ついに決着!

思わず声が出てしまいました!!

龐煖が真っ二つに!!!

長かった宿敵との闘いに終止符が打たれましたね

王騎将軍や麃公将軍と尊敬する将軍たちの仇であり、尾到や去亥といった戦友たちの仇でもあり、そしてライバルでもある蒙恬の側近のじぃの仇

なぜでしょうか

世代ではないのですが、ド〇ゴンボールのピッコ〇大魔王を思い出しました

敗れ去った仲間は復活しませんが、それだけに仇を討つシーンは感慨深いものがあります

しかし!

羌瘣ちゃんが信を心配していました

龐煖は倒しましたが、もう限界である信

まだまだ李牧様は元気ですし、馬南慈やカイネも居ます

逃亡するかもしれませんが、安全圏でもないでしょう

このドキドキが次回の1/9まで続くかと思うと心が持ちませんね

ますます気になる展開になっていますが、今回はここまで。

次回もおたのしみに~!

『今週号のヤングジャンプ』みどころは?

『貧々福々ナズナさま!』第14話

➡全員集合!?ヨモギとナンテンの因縁とは?

『かぐや様は告らせたい』第163話

➡かぐや様はテクニシャン!?会長の努力の人

『久保さんは僕(モブ)を許さない』スペシャルエピソード

➡白石くんの新しい一面をみた久保さんは・・・

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA