五等分の花嫁

『五等分の花嫁』第112話 【最後の祭りが五つ子の場合】 最新話のネタバレ&感想

五等分の花嫁112話

2019年11月27日発売 週刊少年マガジン 52号に掲載されている五等分の花嫁 第112話のネタバレと感想です。

前回のお話

最新話 第112話 【最後の祭りが五つ子の場合】

学園祭も終わり、後夜祭へ

後夜祭でも催し物はやっているということで、五つ子で回ることになります。

五月は無堂戦に関して、改めて皆に敬語なしver.で御礼を伝えます。

敬語なしの五月に違和感しかないと一蹴する二乃。

五月は続けて、変装してくれた三玖に感謝します。

三玖はずさんな変装だったので満足していないと、謎のプライドが生まれてしまいます。

風太郎との約束の時間まで、五つ子の行きたい場所へ順番に消化していくことになります。

(5人揃って移動します)

五姉妹の時間

一花の行きたい場所はライブ会場

そこで、迷子だったショー君のお姉ちゃん(同級生?)に出会いお礼にと屋台の引換券を貰います。

そして、ショー君も応援している頑張ってねと伝えられます。

一花も勇気づけられ、これがやりがいなのかもしれないと感じています。

続いて、二乃はパンケーキ屋へ

無人のパンケーキ屋を前に、五月からマルオが学園祭に来てくれたのは二乃のおかげであると打ち明けられます。

一花と四葉も二乃を持て囃します。

しかし二乃は三玖を横目で見ながら、自分だけの力ではないと言い、次は皆がマルオに立ち向かう番だと発破をかけるのでした。

次は三玖と四葉、最優秀店舗発表会場へ

特にどの店舗かは明らかになってはいませんが、三玖と四葉はお互いに祝いの言葉を言い合っています。

三玖も四葉も例え望んだ結果が出なくても後悔しない選択をした方が良いと語り合います。

残るは五月のみです。

五月は自身の腹の虫の音を聴かせ、察してもらいます。

一花は先ほど貰った引換券がポップコーンであることから、五月に譲ります。

塩味しか残っていないということでしたが、基本が一番とご機嫌な五月。

姉妹の絆

そして、話題は五つ子の意義について

普通の五人姉妹だったら二乃が妹をいじめてそうとする三玖

二乃は嫌味も込めて五つ子で良かったわねと言います。

そんな二乃の嫌味とは別な感情で、五月は五つ子で良かったとしみじみ言います。

四葉も皆が居たから頑張れたと賛同します。

これまでもそしてこれまでも五つ子という事実は切っても切り離せないことだからこそ、分かち合うことができ、五つ子で良かったと結論付ける五月

やがて時が過ぎ、風太郎との約束の時間が訪れようとします。

各々が神妙な面持ちになり、各々の感情渦巻く中、五人は五人の誓いの結びを行い、四方八方へと歩み出すのでした。

五月のモノローグで、五人が別々な部屋で風太郎を待つのでした。

第112話 【最後の祭りが五つ子の場合】おわり

感想

風太郎出番なしの完全五つ子回でした!

凄く良い回でしたね~

普通の5人の姉妹ではなく、自分が他に4人いるって感じでしょう。

それでも、今は5人の趣味趣向は別々なのですよね~

色々と難しい関係性ですね

さてさて、今回は風太郎が答えを出す直前のお話でしょう。

皆に幸せになってもらいたいですが、そうも言っていられないでしょうね。

伏線らしい箇所はいくつかありましたが、ミスリードの可能性もありますし、特定の子だけの伏線というわけでもないですから、まだまだ全員に可能性が残されていますね。

物語も佳境になり、Twitterでも盛り上がり続けていますね。

風太郎が誰を選ぶか気になりますが、知りたくない気持ちもあったり複雑ですね~

ますます気になる展開になっていますが、今回はここまで。

次回をおたのしみに~!

『今週号のマガジン』みどころは?

『炎炎ノ消防隊』第198話

➡次なる舞台は、聖ラフルス修道院

そこで待ち受ける困難とは一体・・・

『ネクロマンス』第14話

➡シオンとの激闘も終え

休養を取るシブキ

しかし、人知れず抱える

悔しさが残るのであった・・・

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA