五等分の花嫁

『五等分の花嫁』第113話 【最後の祭りが風太郎の場合①】 最新話のネタバレ感想

五等分の花嫁113話

2019年12月4日発売 週刊少年マガジン 1号に掲載されている五等分の花嫁 第113話のネタバレと感想です。

前回のお話

最新話 第113話 【最後の祭りが風太郎の場合】

学園祭最終日の後夜祭

噴水で会話する風太郎と武田くんと前田くん

ようやく学園祭も終わり明日から勉強が出来ると言う武田くんと賛同する風太郎

前田くんは学園祭が終わる事に寂しさを感じている様子です。

風太郎は最後の学園祭でありながら裏方ばかりこなしていたので、あまり楽しさを感じていません。

さらに忙しさのあまり何も食べていないので空腹とのこと。

前田くんは風太郎を屋台に誘いますが、風太郎は会う約束をしているとして断ります。

風太郎が五つ子に会いに行くのだと察した武田くんと前田くんは5人を見かけた場所を風太郎に教えるのでした。

愛の行方と独りじゃない学園祭

前田くんは5人揃っていたのは見かけましたが、なぜか一花だけは判別できたと不思議がっています。

(愛の力!)

武田くんは風太郎に対して五つ子を見分けられるかを興味あり気に尋ねます。

風太郎は最初は見分けられなかったし、5人はそれぞれの利点を活かしてきて困ったと言います。

武田くんは更に質問します。

” 最初に見分けることが出来た子は誰だったのか ”

風太郎はその問いから逃げようとします。

しかし武田くんは話を聞きたがり、前田くんは無表情で風太郎を見続けて圧力をかけます。

ようやくここで前田くんは察します。

” 風太郎は5人の中の誰かが好きである ”ということを。

武田くんもそのことを察してはいましたが、受験シーズン前にそんなことをやっている余裕はないと一蹴します。

風太郎を想ってか、前田くんが動き出します。

前田くんは” 今から告白をしにいく ”と宣言します。

そして、風太郎も覚悟を決めろと伝えます。

(風太郎は5つ子、或いは好きな子との出会いにより変わりました。)

出会っていなければ、今、武田くんと前田くんと会話しているこの瞬間も一人だったかもしれなかったと。

(そして風太郎は答えを出すために一歩踏み出すのでした。)

風太郎の選択、そして・・・

五月から前もって聞いていた、風太郎の答えを聞く方法

それは五つ子全員がそれぞれ1人ずつ別の教室で風太郎を待つというものでした。

風太郎が向かう教室は1つ。

これが五つ子が出した結論であり、風太郎への提案でした。

教室で待つ五月

窓から外を眺める三玖

ベランダで黄昏る一花

キャンプファイヤー前にいる四葉

黒板の前で待つ二乃

(それぞれの個別回の扉絵です)

そして学園祭後夜祭終了のアナウンスが流れます。

風太郎は深呼吸し、自分が選択した教室の前に立ちます。

そして覚悟を決め、いざ教室へ。

笑顔を見せる五月

風太郎を褒め称える一花

何かに気づく四葉

二乃がいる教室が開き、終わりを告げる三玖

四葉は慌てて校舎に戻ります。

抱き合う二乃と三玖

二日目の夜に自動販売機で風太郎を試した一花は、その時風太郎が購入してきたオレンジジュースを思い出し、顔をうずめます。

自分のスマートフォンを忘れた四葉が保健室へとやってきます。

五月は” ここからですよ ”と風太郎に向けての独り言。

風太郎に気が付いていない四葉に対して、声をかける風太郎。

驚き振り向く四葉

” またせたな ”

と儚げでありつつ、いたずらっぽさもある表情で伝える風太郎というところで、次回に続きます。

第113話 【最後の祭りが風太郎の場合①】おわり

感想

花嫁決定ですか!?

本当に!?

どんでん返しはないですよね!!

四葉ちゃん、おめでとー

風太郎もおめでとー!

(まだ返答はもらっていないですが)

今回のお話をコンビニでチラ見した瞬間に涙が溢れかけました。

言葉にならない感情でいっぱいです。

本当に、本当に素晴らしい回でした。

ゆっくりと読みましたが、今回だけで2回涙を拭ったシーンがあります。

1つ目は、風太郎と武田くん前田くんと会話しているシーンで、五つ子(四葉ちゃん?)との出会いがなければ、この瞬間も一人きりだったかもしれないと吐露したところです。

今までの風太郎は憎まれ口や強がりは言っても弱音は吐きませんでした。

そういう意味で風太郎は変わり、そしてそういう関係の友にも恵まれたってことにもなります。

ここでまず涙腺崩壊しました。

そして、四葉ちゃんに対して「またせたな」と儚げであり初期の頃のいたずらっぽさも残る表情で伝える風太郎

ここでまた涙腺崩壊します。

四葉ちゃんに関しては他の子より多めにこじつけ考察してきました。

しかし、このこじつけがこじつけではなく伏線と変わった今、今まで感じたことのない感情で覆い尽くされています。

まさに絶頂状態!

ねぎ先生のTwitterでは14巻完結とのことです。

今回のお話は13巻の最後の予定なので、順当にいけば残り9話となります。

ここから実は別の子が花嫁でした!という展開は考えづらいですし、考えたくもないので割愛します。

残りの話で回収またはやってほしいお話は

お子様パンツの謎

四葉ちゃん=約束の子

6年前(京都)の願い事

勤労感謝パート2

ブランコ

風太郎への誕生日プレゼント

お爺ちゃんの前での見分け

京都旅行

四葉ちゃんの敬語解禁

結婚式

後日談などなど

挙げればキリがありませんが

えーと・・・

残り9話では足りませんよ、ねぎ先生!!

他の推しの方には申し訳ないですが、最終巻は四葉ちゃん尽くしになりそうですね。

本編より感想の方が長くなりそうなので、本日はここまでにします!

Twitterもやっていますので、よければ絡んでください!

次回をおたのしみに~!!

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA