五等分の花嫁

『五等分の花嫁』第118話 【五月の思い出】 最新話のネタバレ&感想

五等分の花嫁118話

2020年1月22日発売 週刊少年マガジン8号に掲載されている五等分の花嫁 最新第118話のネタバレと感想です。

前回のお話

【前回のあらすじ】

✅四葉と風太郎を素直に祝福できない五月。

✅下田さんから風太郎への想いから来る、嫉妬だと指摘されるのでした。

✅一方、四葉は二乃に思いのたけを伝えようとするのですが・・・

ねぎまよ

二乃と五月、二人の想いを解決するには・・・

第118話 【五月の思い出】

二乃には不満があった

今もむかしも、四葉は何も言わず一人で突っ走って先に行き、五つ子の輪を乱した

と、二乃はご立腹

四葉は自分勝手であることを詫びると同時に

風太郎と付き合うことを認めてもらいたい

と、二乃へ伝えます

教室の片隅で二乃と四葉のやりとりをきいていた風太郎と五月

四葉の想いを聞き、思わず物音をたててしまう風太郎と五月は

二乃と四葉にバレてはいけないと、ねずみの声で誤魔化すのでした

なんとかして、教室から脱出したい風太郎

風太郎は五月のスマホで二乃と四葉を教室から追い出そうとします

しかし五月は、スマホ画面の光でバレるからと言い

風太郎にスマホを貸そうとはしません(何かを隠している?)

五月は、

モヤモヤした気持ちの正体が嫉妬だとしたら

なんて悪い子なのでしょう

と、戒めるのでした

茨(いばら)の道

昼休みも終わる頃ということで

教室からでようとする二乃

その二乃を四葉は引き留めます

引き留められた二乃はイライラしながら

私なんか無視して勝手に付き合えばいい!

と言い放ちます

しかし四葉は

これは四葉と風太郎だけの話ではない

としながら

風太郎との関係を認めてもらうのは

今じゃなくてもいい

どれだけ時間がかかっても

この想いの強さを見て欲しい

と、思いのたけをつぶけるのでした

それを聞いた二乃は

あえて、茨(いばら)の道へ進む

四葉の覚悟を聞き入れます

その上で

四葉がまだ競い合うライバルとして

みてくれていることを知り

ここで勝負は終わっていない

ほんの少しでも隙をみせたら

風太郎を奪ってやる

と、自分の想いを忘れないと同時に

二乃なりの声援をするのでした

モヤモヤの正体

二乃と四葉の話も終わり

二乃は教室の片隅で隠れていた風太郎と五月に姿を現すように促します

(四葉は気が付いていない)

四葉は二人が隠れていることを気が付いていなかったため

自分の風太郎への強い想いを聞かれてしまい

顔が真っ赤になってしまいます

二乃は改めて風太郎に

聞いていた通りだから

努々(ゆめゆめ)油断しないようにね

と釘をさすのでした

『古語:ゆめゆめ~ず(打消)、意味:決して~してはいけない』

二乃の想いを聞いた五月は

自身のモヤモヤした気持ちが理解したとして

下田さんの予想はハズレだと思うでした

恋の記憶

別日の塾にて

失恋で涙する女子中学生

こんなことなら好きにならなければよかった

と後悔しています

そんな女子中学生に

五月は

これで終わりではない

実らない恋だったとしても

彼を好きだった思い出は輝いていた記憶

何事にも代え難い宝である

だから

この恋の記憶を手放さないで欲しい

とやさしく諭すのでした

五月の言葉を傍で聞いていた下田さんは

五月にしては強い言葉だったため

なにかあったなというのでした

五月の恋の記憶

あなたは一人じゃない

(ボートで京都の思い出の子に変装したときを思い返しながら)

そして、今なら言える

おめでとう

スマホ裏のコマ

(かつて花火大会の日に、風太郎たちと共に撮ったプリクラが貼られています)

第118話 【五月の思い出】おわり

感想

二乃と五月ちゃん回でしたね

なんといいますか

ここ毎週、感情を揺さぶってくる展開ですね

涙腺が緩くなったわけではないのでしょうが

涙がこみ上げてきます

文字だけでなく、是非とも

マガジン本誌・そして来たる14巻を

読んでいただきたいですね

今回のお話は、二乃らしさが出ていました

姉妹を大切にしたい気持ちもありますが、

自分の気持ちにも素直な二乃は

風太郎を諦めない選択をしましたね

それに、二乃なりの四葉への声援なのでしょう

そして、なんといっても

二乃の口から

努々~しないようにね

という言葉が出て来るとは・・・

成長しましたね、二乃!

さてさて

一方の五月ちゃんですが

自身のモヤモヤは嫉妬ではなかったようですね

かつて風太郎は、一花から風太郎と五月ちゃんは似た者同士と言われています

風太郎は、らいはのために勉強をするため他のことは切り捨ててきました

対して、五月ちゃんも母親のような教師になりたい一心で勉強をしていました

それは学園祭で楽しむ友達もいないのかと心配されるほどです

自分に似ていたからこそ、風太郎へは素直になれなかったのでしょうね

そんな五月ちゃんも花火大会の日に、風太郎とらいはと撮ったプリクラを大事にしていました

それは風太郎が、かつて京都で出会った子との写真を大切にしていたかのようです

風太郎は京都の子との出会いで変わることが出来て

五月ちゃんは風太郎と出会ったことで変わることが出来たのではないでしょうか

だからこそ、五月ちゃんのモヤモヤとは

過去と決別が出来ないでいる『迷い』だったのかもしれません

だからこそ、風太郎がボートで出会った零奈により過去と決別したのを思い出したのでしょう

五月ちゃんも過去と決別し、ようやく前に進めるということで

風太郎に対して『おめでとう』と想ったのでしょうね

とても良い話で、もう涙が止まりません

最終話まであと数話です

虚無感に襲われてしまう恐怖と、感動のフィナーレを見届けたい気持ちとで毎週辛いですが、最後まで追い続けましょうね!

それでは、次回をお楽しみに~

『今週のマガジン』みどころは?

『炎炎ノ消防隊』第204話

➡地下で出会ったのは、アーサーの両親だった

父親に促され地下の奥へ進むと・・・

『ネクロマンス』第19話

➡エルフたちと別れを告げるシブキ一行

次の目的地である教会本部に辿り着くのだが・・・

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA