炎炎ノ消防隊

『炎炎ノ消防隊』第199話 【眠る真実】 最新話のネタバレ&感想

炎炎ノ消防隊199話

2019年12月4日発売 週刊少年マガジン 1号に掲載されている炎炎ノ消防隊 第199話のネタバレと感想です。

前回のお話

最新話 第199話 【眠る真実】

ドッペルゲンガーの謎を解く鍵が聖ラフルス修道院の祭壇にある

そう推測したプリンセス火華

地下へと続く手掛かりがないかと祭壇を退かそうとします。

しかしびくともしません。

するとそこへ第一消防隊のカリムとフォイェンが現れます。

二人もまた火華と同様にドッペルゲンガーの謎を追い求めてやってきたのです。

火華は二人と協力し、祭壇を破壊することに成功します。

祭壇の下から地下へと続く階段を発見する一同

地下へと降りると、書斎のような部屋がありました。

その部屋には八つの石柱と多くの書物が存在しています。

書物は何の変哲もないただの本

内容は植物・作物栽培・虫の本・食事のレシピ、さらには虫の標本まで飾ってあります。

その部屋は何の手掛かりもないものばかりでした。

ただ一人、火華を除いては。

この修道院で生活していた火華だけは一連の内容がシスターとして過ごした日々と結びつき、やがてそれはある仮説を思いつきます。

その仮説を思いついた瞬間、酷い吐き気に襲われる火華。

修道院のシスターたちは皆、花の名前が付けられていました。

そして人体発火の正体は、蟲であると辿り着く火華。

その時、背後から一人の女性が声をかけてきます。

その女性は、花に虫は付き物でしょうと言います。

驚きが隠せない火華

それもそのはず、その女性は亡くなったはずのシスタースミレの姿をしていたというところで次回に続きます。

第199話 【眠る真実】おわり

感想

今回のお話は、ぞくっと来る内容でしたね~

カリムとフォイェンではピンと来ず、ただの資料庫だと勘違いしてしまうのも無理はありません。

植物・作物栽培・虫の本・食事のレシピ本で誰が人体発火の手がかりと判断するでしょうか。

人体発火の正体は”蟲”

これは第188話 【鋼の鎧】で桜備大隊長が投与されたものから判ります。

修道院のシスターたちは皆、花の名前がつけられていました。

そして、今回最後に登場したシスタースミレ(炭隷)の発言

花に虫は付き物でしょう。

(スミレという名前は花の菫ではなく、炭の奴隷で炭隷だったようです。怖い!)

花とはシスターたちを指し、虫とは人体発火の原因を指すでしょう。

つまりはシスターたちは修道院の生活で、知らぬ間に人体実験させられていたことになります。

やがて実験が成功し、シスターたちは次々と発火していったということですね。

もちろん本編では匂わす程度の内容なので、私の推察になる部分が大きいですが、やはりぞくっと来ましたね。

虫もカサカサしているコマがありましたし。

次回は修道院が存在していた理由に触れられるのでしょうね。

ますます気になる展開になっていますが、今回はここまで。

次回もおたのしみに~!

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA