五等分の花嫁

『五等分の花嫁』第117話 【五里霧中ランチタイム】 最新話のネタバレ&感想

五等分の花嫁117話

2020年1月15日発売 週刊少年マガジン7号に掲載されている五等分の花嫁 第117話のネタバレと感想です。

前回のお話

【前回のあらすじ】

✅カラオケ店で一夜を明かすことになった三玖と四葉。

✅二人は本音で語り合い、やがて四葉は前進することを決意し、三玖は風太郎との出会いを感謝するのであった

最新話 第117話 【五里霧中ランチタイム】

※五月が中心の回です

五月が下田さんに恋愛相談を行います

五月は『ドラマの話』と切り出しながらも、自身の置かれた立場を説明します

・ある男女の恋を応援してきた女の子がいた

・男女は結ばれそうになっている

・喜ばしいことだけど、いざその時が来るとなぜかモヤモヤする

それを聞いた下田さんは

好きだから嫉妬をしているとバッサリ解答

それを聞いた五月は

違いますと一蹴するのでした

五月はさらに

その男の子とは出会えば口喧嘩をしてしまうほど馬が合わない

と付け加え説明します

対して、下田さんは

恋を自覚した女の子がその男の子と距離を縮めていく展開になる

略奪愛、友人を裏切る背徳感と湧き上がる愛情!

と独り盛り上がってしまいます

そんな五月は

今更、風太郎と四葉の仲を引っ掻き回したくないと思うのでした

ぎこちない日常

学校にて

偶然にも同時にトイレから出た五月と風太郎

気まずい五月は風太郎と他愛もない日常会話をして、その場から去ろうとします

そんな五月の思惑はつゆ知らず

風太郎は五月を昼食に誘うのでした

学食にて

五月はケーキ2つを含む1000円以上の昼食

風太郎は相変わらずだといいます

五月は恥ずかしそうにしながらも

1つのケーキは風太郎のお祝いのしるしとしてプレゼントする分といいます

立ち話もなんだと、席を探す風太郎

ここで偶然にも四葉と遭遇します

風太郎と顔を合わせることになり動揺する四葉

トイレから出た時の五月と同じ話題を風太郎にして、立ち去ろうとしますが

そこに四葉と待ち合わせをしていた二乃も合流

ひょんなことから、昼食を共にすることとなった四人

二乃がこれまた四葉、五月と同じ話題を持ち出します

風太郎はやけにその話を聞くといいますが

二乃は隣の席の会話を勝手に聞いているんじゃないわよと敵意丸出し

四人の間に気まずい雰囲気が漂い出したのを察知した五月は

進路について話題を切り出します

五月→志望校へ挑戦

風太郎→大学へ進学

二乃→話す気分じゃない

四葉→体育系大学から推薦を受けている

四葉が大学から推薦を受けていることを知った風太郎と五月は盛り上がります

しかし、二乃だけは

何もしなくても向こうから来てくれて気楽だ

恵まれてていいわね

と憎まれ口を叩きます

さすがにこれ以上はまずいと思ってか

五月は早々に昼食を切り上げ、二乃を連れて教室に向かいます

二人きりになった四葉と風太郎

風太郎は四葉へフォローの言葉をかけようとしますが

四葉はその場から立ち去ってしまうのでした

四人の行方

五月に手を引かれていた二乃はその手を振りほどき

五月に対して

結局どの立場なのかハッキリしなさい

とイライラをぶつけ、立ち去ります

五月が二乃を探していると風太郎と遭遇します

そして、真っ暗な教室から物音がしたことから

二乃が居るのではと思った五月は教室の中へ

物音の正体

それは、ねずみ

ねずみのチュー!の一言で動転した五月は近くに居た風太郎を押し倒してしまうのでした

下田さんに言われた好きだから嫉妬をしているの言葉が頭に蘇ります

押し倒す形で顔と顔が近くなる五月と風太郎

すると、そこへ

学食で本題が離せなかった二乃と四葉が薄暗い教室へ入ってきます

言いたいことがあるなら言いなさいとする二乃

隠れている五月と風太郎ですが

五月はパニック寸前

対して、風太郎は至って冷静

そして、風太郎は五月に

五月、四葉、二乃がしてきた同じ話題をするのでした。

第117話 【五里霧中ランチタイム】おわり

感想

今回は五月ちゃんメインでした!

風太郎と似た者同士だった五月ちゃん

自分の気持ちが恋なのか愛なのか分からないところまで

そっくりだったのですね!

それにしても、下田さんはぶれません

竹を割ったような性格でありながら

勉強以外のことも導いているのですね

勉強以外のことを教えてこその教師です

五月ちゃんが目指すべきところは

下田さんなのかもしれません

性格は違っても五月ちゃんも

寄り添うチカラを持っていますからね!

さてさて、日常編も今回で3話目

一花、三玖、そして五月ちゃん

五月ちゃんは次回あたりに解決するのでしょうか

過去と決別してきた風太郎を取り巻く人間模様ですが

佳境になっている今でさえ

各々が成長している姿をみて

寂しくもあり、嬉しくもありますね

これぞ、青春!

二乃も近々吹っ切るイベントがあるのでしょうが

恋愛体質の二乃がどのように吹っ切るか

とても楽しみですね!

『五等分の花嫁』も残り数話と予測がされますが

ますます目が離せない展開です!

最後までしっかりと追っていきますよ~

それでは、次回もお楽しみに!

告知

2020年1月17日(金)

『五等分の花嫁』13巻 発売!

『キャラクターブック 三玖編』 同時発売!

お見逃しなく!!

『今週号のマガジン』みどころとは?

『炎炎ノ消防隊』第203話

➡地下へと向かうアーサーたち

そこで思わぬ人物に出会うことに!?

『ネクロマンス』第18話

➡エルフの里に迷い込んだ、シブキ一行

種の繁栄のため、エルフの女王に

連れ去られてしまうシブキだったのだが・・・

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA