ネクロマンス

『ネクロマンス』第17話 【エルフの女王】 最新話のネタバレ&感想

ネクロマンス17話

2020年1月8日発売 週刊少年マガジン6号に掲載されているネクロマンス第17話のネタバレと感想です。

前回のお話

最新話 第17話 【エルフの女王】

前回のあらすじ

魔剣の謎を解くために王都を目指すシブキ一行

そんなシブキたちの前に、突如出現した聖結界

聖結界の中はエルフの住む世界が広がっていたのでした

盛大なおもてなしを受けるシブキ

その理由

シブキを森の王にするためでした

突如出現した聖結界により500年もの間エルフの男性は不在となります

シブキは人間とはいえ、500年ぶりの男性!

男性不在の為、エルフ族の種の存続の危機に陥っていました

そんな折、エルフの森に訪れたシブキを森の王に祭り上げ、種族繁栄を願うのでした

女王 フリージア

エルフたちの種族繁栄という言葉に驚き慌てるシブキとサフィ

そんなシブキたちの前に、エルフの女王がやってくるのでした

女王フリージア

容姿端麗で気品あふれるオーラを漂わせる女王に、シブキも緊張気味

ところが・・・

シブキを目にした女王の雰囲気が一転します

女王はリコとバニラが嫌悪するほどのぶりっ子でシブキに歩み寄るのでした

女王に触発されてか他のエルフたちも、シブキにアピールをはじめます

女性に囲まれた経験のないシブキはどう接していいか分からないまま、成すがままにされます

サフィはシブキに平然と触れるエルフたちに深い憎しみを抱き、黒いオーラを纏うのでした

共同闘争

シブキを惑わすエルフたちを魔物と評し、浄化しようとするサフィ

一方シブキは、ニヤケながらも心に決めた人がいるからエルフたちの願いは叶えられないと告げるのでした

それを聞いたサフィは、先ほどまでの黒のオーラがすっかり消え、嬉しさに赤面しています

シブキはエルフたちと結婚せずに聖結界を開く方法を考えようと提案します

ところが

女王はその提案を拒否

さらに

周囲に眠り粉をまき散らします

アンデッド化しているシブキ以外、全員が眠らされてしまいます

側近のエルフたちは眠っているサフィたちを討とうとしますが、その行為にシブキは、制止させようと睨みつけます

シブキの睨みによる重圧により、背筋が凍るエルフ

そんなエルフにサフィたちの処理は後でいいと命令する女王

女王は落ち着いた場所で儀式をとシブキを連れ去るのでした

地下室で目を覚ましたサフィとバニラ(リコは寝ています)

サフィはリコを起こすべく往復ビンタをしますが、一向に目を覚ましません

連れ去られたシブキがピンチかもしれないと想像するサフィ

エルフたちへの嫌悪がさらに増幅したサフィはオーラの柱を帯びます

バニラもシブキの独占を良しとしていません

サフィとバニラは意気投合してシブキ奪還へ目指すのでした

次回につづきます

感想

またしてもサフィの嫉妬がさく裂する回でしたね

シブキに触れられないサフィを前に、ベタベタ触るエルフたちをみたサフィは完全に闇堕ちしていましたね

サフィの目は、〇〇眼が開眼したのではないかというほど深い闇に包まれていました

今後、光と闇を操る可能性も・・・

それはそうと、女王はぶりっ子ですがサフィの言うような魔物ではないような気がします

(サフィの場合は、シブキに纏わりつくからの発言でしょうけどね)

聖結界も意図せず発生したようですので、黒幕は神様陣営なのかもしれません

種族的にもエルフですから、サフィたちを斬ろうとしていた剣士?あたりが仲間に加わる展開も十分あり得る感じですね~

ますます気になる展開ですが、今回はここまで

それでは、次回もお楽しみに~!

『今週号のマガジン』 みどころは?

『五等分の花嫁』第116話

➡三玖と四葉が本音をぶつけ合います!

『炎炎ノ消防隊』第202話

➡アーサーとヴァルカンたちがオリハルコンを探すイベント!

『はじめの一歩』Round1285

➡泥仕合の申し子、木村さんの本領発揮!

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA