炎炎ノ消防隊

『炎炎ノ消防隊』第197話 【告別】 最新話のネタバレ&感想

炎炎ノ消防隊197話

2019年11月13日発売 週刊少年マガジン 50号に掲載されている炎炎ノ消防隊 第197話のネタバレと感想です。

前回のお話

最新話 第197話 【告別】

浅草

紅丸のおかげで逃げ帰ることに成功した第8特殊消防隊

シンラの容態は命に別状はなし

アーサーは重傷で意識もありません

桜備は第7の詰所で現状報告を行います。

聖陽協会と伝道者一味が結託し、第8を皇国から孤立させる目論見があったとのことです。

そして、第1の大隊長バーンズは殉教したことも判明します。

場面は第4へ

アーグ大隊長に続き、バーンズ大隊長も殉教したことで、第8が皇国から孤立することを危惧しています。

しかし、第4は第8の味方になる意思を見せるのでした。

場面は第1の大聖堂

バーンズ大隊長のための葬儀の祈りが行われます。

バーンズ大隊長の死の経緯、それは・・・

” 指名手配犯であった桜備を追う中で、シンラによる他殺 ”

こうして、第8は反逆者として皇国の敵となったのです。

しかし、第1のカリムとフォイェンはこの発表を事実だとは認めず、確認のためにある場所へ向かいます。

場面は第5へ

プリンセス火華もカリムたちと同じ場所へ向かうのでした。

次の舞台は、火華が育った” 聖ラフルス修道院 ”と分かったところで次回に続きます。

第197話 【告別】 おわり

感想

バーンズ大隊長は殉教したことになったようですね~

しかし、葬儀には遺体がない棺桶のみでしたし、再登場の可能性もあるのではないでしょうか。

それにしても、皇国から孤立するはずの第8に対して、第1(?)、第4、第5、第7が味方になるようなので、皇国を二分する大きな戦いになるのでしょうか。

とはいえ、次の舞台はドッペルゲンガー絡みの修道院ですから、白装束も加わって、滅茶苦茶な戦況になりそうですね。

ますます気になる展開になっていますが、今回はここまで。

次回もおたのしみに~!

『今週号のマガジン』みどころは?

『五等分の花嫁』第110話

➡五つ子の実父登場に大荒れ確定!

揺れ動く五月の気持ちに風太郎はどう導く!?

『ネクロマンス』第12話

➡魔王幹部との戦い!

久しぶりのシリアス展開!?

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA