スパイス

【スパイス図鑑】ニゲラシードの効能、特徴、オススメ料理とは?

ニゲラシードサムネ

ニゲラシードの効能とは?

【 効能 】

☆ 鎮痛作用
☆ 抗菌作用
☆ 抗酸化作用
☆ 抗炎症作用

ニゲラシードは、鎮痛作用や抗菌作用が期待されています。

また、抗酸化作用や抗炎症作用もあるといわれているスパイスです。

ニゲラシードの特徴とは?

【 学名 】
Nigella sativa

【 別名 】
カロンジ(インド名)

【 科目 】
キンポウゲ科
クロタネソウ属
一年生草本

【 原産 】
西アジア
南ヨーロッパ
中近東

【 部位 】

【 風味 】
苦味+甘味を併せ持つ

ニゲラシードは、それほど香りは強くありません。

また、フランスのミックススパイスやオレガノのような風味をもちます。

ニゲラシードを使ったオススメ料理とは?

【 オススメ料理 】

・インド料理
・ベンガル料理

ニゲラシードは、インド料理やベンガル料理に使われるミックススパイスの材料です。

味はピリッとしたナッツ風味があるため、カレーに混ぜると深みが生まれます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA