キングダム

『キングダム』第630話 【天地の間】最新話のネタバレ&感想

キングダム630話

2020年2月6日発売 週刊ヤングジャンプ10号に掲載されている『キングダム』最新第630話のネタバレと感想です。

前回のお話

【前回のあらすじ】

✅龐煖との死闘により、命を落としてしまった信。

✅飛信隊の隊員たちは、涙に暮れるのでした。

✅そのとき、傷だらけの羌瘣は信に近付き・・・。

ねぎまよ

羌瘣ちゃんなら、なんとかしてくれる!

第630話 【天地の間】

信の亡骸を前に、涙に暮れる飛信隊を尻目に、羌瘣が信へと近づきます。

そして、羌瘣は「信を助ける」とだけ言うのでした。

場面は変わります。

蒙恬・王賁たちが敗走している李牧を追っています。

そんな中、全く動きをみせない飛信隊に苛立っている番陽副長。

一方の蒙恬・王賁は、いつもなら我先に李牧を追っているはずであろう飛信隊が、全く動かない理由を悟ってしまいます。

そして、蒙恬たちが飛信隊のいる場所に辿り着いた時には、飛信隊の隊員たち一同がうなだれている光景が広がっていました。

微かな記憶

信の亡骸を前に、羌瘣がなにかをしようとしています。

それは、千年以上つづく蚩尤族に伝わる”禁術”

相手に自分のチカラを譲渡し、体力や生命を快復させるものです。

その禁術を行うことで、信を生き返らせられると考えた羌瘣でしたが、術に必要な”呪語の唄”がうろ覚えだったのです。

羌瘣は微かな記憶を頼りに、呪語の唄を必死で思い出そうとするのでした。

【羌瘣の回想】

✅幼少期の羌瘣、呪後の唄を覚えようとしています。

✅象姉は死者をよみがえらせる術を信じていません。

✅象姉は加えて、呪語の唄を使うと”最悪なこと”が起きるといいます。

【回想おわり】

羌瘣は、信の死ほど最悪なことはないとして、呪語の唄を唱え始めるのでした。

禁術の代償

羌瘣は禁術を唱え始めます。

そして、禁術を唱えた者のみが辿り着ける世界へと潜り込むことに成功します。

その世界は、あたり一面なにも無い世界でした。

そんな中、1人の人影をみつけます。

その人影は『信』ではなく、かつての『幽連』でした。

幽連は天地の間と呼ばれる世界の門番をやっているようです。

そして、その門の先に信がいます。

ところが、その門を通るためには、羌瘣の『寿命』を代償にしなければなりません。

幽連が決めるのは羌瘣自身だというと、さらにもうひとり羌瘣の前に姿を現します。

それは、象姉でした。

象姉は、羌瘣の寿命を減らしてまでやることではない、と説得します。

なぜなら、寿命を代償にしたとしても信が生き返るのは良くて50%、予想では10%も満たないとのことです。

考える時間を与えようとする幽連に対して、羌瘣は即答します。

「全てやる」と。

これはつまり、羌瘣の寿命全てを代償にしても良いことを意味します。

この回答に、幽連・象姉は驚きを隠せません。

羌瘣はどうしても死なせたくないといい、信のいる門を通ります。

そして、信のうしろ姿をみつけるのでした。

第630話 【天地の間】おわり

感想

前回(第629話 【信の夢】)の最後で、羌瘣ちゃんが自らの命と引き換えになにかしらを行うと察することはできましたが、まさか本当にやろうとするとは・・・。

羌瘣ちゃんにとって、信はそれくらい大切な存在になっていたのですね。

飛信隊が家族のようなものと感じているようですが、それでも信じられません。

というより、ここで羌瘣ちゃんが退場したら、読者のみなさんが暴動を起こしかねませんよ!!

ドキドキしながら、次回を待ちましょう。

次回もお楽しみに~

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA