キングダム

『キングダム』第623話 【模を示す】 最新話のネタバレ&感想

キングダム623話

2019年11月28日発売 週刊ヤングジャンプ 52号に掲載されているキングダム第623話のネタバレと感想です。

前回のお話

最新話 第623話 【模を示す】

今回は回想と語りメインで戦闘シーンほぼなし

龐煖の正体を語る李牧

~ 李牧と龐煖との出会いの回想 ~

李牧と龐煖が出会ったのは19年前

(カイネが李牧と出会うずっと前のこと)

とある戦で大敗した李牧は樹海でただ1人、瀕死の状態でした。

偶然にも李牧の前に現れたのが武の化身、龐煖だったのです。

龐煖は左手に猛獣の生首を持ち、自分の道を阻むものは屠り土に還すと言います。

李牧は虫の息で横たわっていましたが、龐煖はそんな李牧の喉元へ大鉾を突きつけます。

親も兄弟も仲間も失った李牧の目には生気が感じられません。

龐煖は大鉾を収めます。

龐煖は李牧たちでは聞こえない”地の声”が聞こえるそうです。

その”地の声”が李牧のもとへ導いたとし、李牧にもまだ役目が残っていると伝えます。

李牧の役目、それは龐煖の歩む道を先にある答えに”導く”というものでした。

その時名乗ったのが、”求道者・龐煖”だったのです。

~ 回想終わり ~

求道者(ぐどうしゃ)とは、文字通り”道”を求める者。

そして龐煖が求める道が、”人の救済”というものでした。

求道者は戦乱の世のはるか昔から存在しており、争いの中から生まれる感情から人々を救済したいと考える者たち。

しかし、戦乱を見てきた求道者が導き出した答えは、救済する道は無いというものでした。

争いには必ず苦しみが生まれるためです。

カイネは思いがあるから人なんだと李牧に訴えます。

李牧もカイネの考えに賛同しながらも、その答え(戦乱から生まれる感情からの救済≠感情があるから人であるという矛盾)を示すためには人を超えた存在になり、人々の摸を示す必要があるとのことです。

そして、同時に天にも示すこと。

一同は李牧の話に着いていけません。

(私もよくわかりません!)

龐煖が求道者として人を超えた存在になることで、争いを止め苦しみが続く乱世から解放させることが出来ると信じているのでした。

それが、武神であろうとする龐煖の本質であったことが判明したところで次回に続きます。

感想

今回は戦闘シーンは李牧様の語り部の合間に李牧と信が鉾を交えた2コマのみです。

読む漫画間違えたかな?と思うほど文字数が多く、饒舌な李牧様回でした。

龐煖の目的が乱世を無くしたいというものでした。

信や嬴政とはまた違った方法ですが、目的は同じのようですね。

思いを通すは いつも力ある者のみ 正義だろうが 悪だろうが

『魔法先生ネギま』から超鈴音の台詞 引用

全くその通りです。

正義の反対はまた別の正義とあるように、信や嬴政の正義(信念)を突き通すためには、龐煖を倒すことが不可欠となります。

ただ、意地や志がある人は強いですからね~

だからこそ、信もここまでやってこられたのでしょうから、ここから熾烈を極める戦いになるのでしょう!

ますます気になる展開になっていますが、今回はここまで。

次回もおたのしみに~!

『今週のヤングジャンプ』みどころは?

『貧々福々ナズナさま!』第11話

➡ナンテンのメイン回

ナンテン憎し!それが魅力?

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA