炎炎ノ消防隊

『炎炎ノ消防隊』第196話 【月光の救い】 最新話のネタバレ&感想

炎炎ノ消防隊196話

2019年11月6日発売 週刊少年マガジン 49号に掲載されている炎炎ノ消防隊 第196話のネタバレと感想です。

前回のお話

最新話 第196話 【月光の救い】

むーんらいと仮面登場!

その正体は、第七特殊消防隊大隊長、新門紅丸でした。

紅丸は変装をしてまでも、第八特殊消防隊を助け出そうとします。

紅丸の纏に捕まり脱出を図る第八メンバー。

一方の紅丸は、白装束集団に襲われます。

しかし、紅丸は自分の周囲半径4m以内を熱で支配します。

その熱は月、月光の姿を具現化しています。

白装束は紅丸に近づけない様子です。

場面は桜備大隊長へ

ジョーカーにより、桜備に取り憑いていた蟲が排除されます。

死ぬ瀬戸際であった桜備ですが、シンラにバーンズのことを尋ねます。

シンラは自分を逃がすために囮になったバーンズについて、桜備に伝えます。

そして、シンラは力尽きその場で崩れかけますが、桜備に背負われながら紅丸の助けを得て脱出します。

紅丸はその場に残り、白装束+ドラゴンを相手に足止めを開始

紅丸も驚くほどの戦闘力を誇るドラゴンを相手に上手く立ち回り、自らも退きます。

こうして、白装束集団から全員逃げることに成功

そして、物語は新たな動きを見せるのです

星が燃え尽きる日が訪れるための柱が全員揃ったというところで、次回に続きます。

第196話 【月光の救い】おわり

感想

先週少し触れましたが、やはり月光仮面のオマージュでしたね。

そして周囲4mの燃やす炎によって近寄れない状態でしたが、周囲4mといえば、某ハンター漫画のノブ〇ガさんを彷彿させますね。

それにしても、白装束集団+ドラゴンが本気を出していなかったとはいえ、多勢に無勢で足止め出来るなんて、さすがむーんらいと仮面です。

バーンズの生死は明確になっていませんが、次回から新章突入な予感です。

ますます気になる展開になっていますが、今回はここまで。

次回もおたのしみに~!

『今週号のマガジン』みどころは?

『五等分の花嫁』第109話

➡学園祭の個別回、五月編!

まさかの人物登場により大荒れ必至!

波乱が決定した回です‼

『ネクロマンス』第11話

➡別行動をしていたリコとバニラ

全て(?)はシブキの呪い解呪のためだった?

そんなとき、世界樹に異変が起きてしまう!

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA