五等分の花嫁

『五等分の花嫁』第115話 【五通りの朝】最新話のネタバレ&感想

五等分の花嫁115話

2019年12月25日発売 週刊少年マガジン 4・5号に掲載されている五等分の花嫁 第115話のネタバレと感想です。

前回のお話

最新話 第115話 【五通りの朝】

学園祭も終わり翌日の日常回

待ち合わせ場所で先に待っている風太郎

すれ違う人が学園祭で付き合いだすカップルが多いとの会話していて無言で冷や汗をかいています

そんな風太郎のもとへ遅れて登場してきたのは・・・

” 一花 ”でした

風太郎は一花に誘われ遊びに出かけます

一花は四葉には風太郎と出かけることを連絡済みということで心配しなくていいと言い楽し気です

風太郎と一花はレジャーランドへ

バドミントンをする二人

風太郎は息を切らせながら、一花は余裕で笑顔いっぱいでプレイしています

バドミントンをしながら風太郎の魅力を(風太郎に)伝える一花

風太郎は一花からの突然の告白(?)に驚き、見事な空振りをみせます

そして話は風太郎の恋愛相談へ

風太郎は四葉から好きだとは言われたが、四葉からまだやらなければならないことがあると告げられたため、” まだ付き合っていない ”と悲し気です

四葉とまだ付き合っていないことを知った一花は” 風太郎はまだ誰のものではない “と心が揺るぎます

しかし

風太郎の背中を叩き、喝を入れる一花

そして一花は以前 二乃から言われた言葉を思い出します

” たとえあんたが選ばれる日が来たとしても、祝福したかった “

今なら二乃の言っていたことがわかると、清々しい表情をする一花

そんな一花は風太郎が四葉へ好きと伝えていないのではと言及します

風太郎は一花に言われて、四葉へ好きと伝えていないことに気が付きます

一花は風太郎が告白する練習台になろうかと提案しつつも、冗談とし風太郎をからかうことは楽しいというのでした

崩れ行く関係

四葉を突き飛ばし、激昂する二乃

四葉は今までのこと、昨日の(風太郎から告白され受け入れた)ことを二乃に謝罪したいと伝えます

ずっと風太郎のことを好きだった二乃

そんな二乃が覚悟を決め迎えた学園祭最終日の風太郎の決断

四葉は二乃の心情を想ったら、大切な家族だからこそ心配だと伝えます

二乃は何かを決心した表情をみせます

そして

もしこのままの関係が続くようなら、姉妹の縁を切らせてもらうと四葉に宣言します

場面は変わり、帰宅した一花と勉強をしている五月

風太郎と四葉がまだ付き合っていないと五月に伝える一花

五月は風太郎の決断を望んでいたし、応援だってしたいとしながらも、他の姉妹のことを考えると素直に祝えないと寂しげな表情をしています

一方、姉妹がこんなことになっていると知らない風太郎はというと・・・

信楽焼きのたぬき相手に告白の練習をするのでした

四葉の枷

堤防?港?で真剣な面持ちをする四葉

風太郎を選ぶか姉妹を選ぶか

思い悩む四葉を心配する人物が・・・

四葉は振り向き様、三玖の名前を呼びます

そんな四葉が目にしたのは、四葉の変装をした三玖でした

四葉は事態が呑み込めないでいます

三玖からの提案

それは風太郎から選ばれなかった三玖が四葉の変装をして風太郎と付き合う

というものでした

そんな三玖に倫理的にアウトと四葉が伝えるのでした。

第115話 【五通りの朝】おわり

感想

風太郎の伝説の告白から2週間・・・

今か今かと待ち望んでいたので、一日8時間しか寝られませんでしたしM-1で大笑いもしていました

コーンフレークも久しぶりに食べましたが美味しかったです

夕食に食べましたが、ちゃぶ台はひっくり返しませんでしたよ~

と、それはさておき

違う意味でドキドキした回でした

一花はまだ風太郎のことを諦めきれていないのかとおもいましたが、二乃の台詞を思い出して吹っ切れたようですね

それでも本心を知っている身からすると何とも言えません

一花は強いおねえちゃんですね

次に、二乃

四葉ちゃんへ姉妹の縁を切る宣言をしていました

しかしこれは愛情の裏返しだと思います

もちろん二乃が風太郎を諦めたわけではないでしょうし、本当に四葉ちゃんの対応にイラッときてしまったのかもしれません

それでも姉妹愛・家族愛が強い二乃のことですから

四葉ちゃんの抱える” 自分の幸せより姉妹の幸せを望まなければならない “という一種の呪いといいましょうか、枷を外すために必要な突き放しなのでしょう

二乃にも幸せになってもらいたいですね

そして、三玖

最後に四葉に変装して登場

一花とは違い、まだまだ諦める気がないことが覗えます

それでも今の風太郎なら変装も見破ってしまうでしょうから、意味がありませんね

別に四葉ちゃんの姿をしていれば満足というわけではないでしょうから、風太郎からキツク当たられてしまう恐れも・・・

さいごに、五月ちゃん

意味深な発言をしていました

風太郎と四葉ちゃんの応援隊長を務めていたはずの五月ちゃんが思い悩んでいました

一花や二乃、三玖のことを想ったら素直に祝えないとのことでしたが、もしかすると五月ちゃん自身も風太郎へ恋心を抱いていて、それをひた隠ししてきたのではないでしょうか

それを他の姉妹と言って本心を隠しているのかもしれません

尊敬から来る愛情もあるでしょうからね

結婚する上でお互い尊敬できる部分があることは必要な要素だと思いますから、五月ちゃんの風太郎への評価はかなり高いかもしれません

さてさて・・・四葉ちゃん

大好きな風太郎から告白され、幸せなはずの四葉ちゃんですが、かなり思い悩んでいますね

これは風太郎が四葉ちゃんへ告白する選択かどうか迷った理由と同じでしょう

自分の幸せより姉妹の幸せを優先させる四葉は、予想通り苦しんでしまっています

風太郎・・・

信楽焼きのたぬき相手に告白する練習をしている場合じゃないよ

また頬を叩かれたいの?

次回はまた2週間後でしょうか

苦しむ四葉ちゃんで年を越すとは思いませんでしたが、四葉ちゃんの満面の笑みをみるまでは耐えなければなりませんね!

そして、来る2020年1月17日に発売予定の第13巻の表紙が発表されました

予想通り、花嫁ちゃんが表紙でしたが・・・

すごく幸せそうで素敵な表紙ですね

本編でもあんな表情が見られると考えると楽しみで仕方がありません

物語もクライマックス!

追いつくなら今のうちですよ~

それでは、次回もお楽しみに~!

『今週号のマガジン』みどころは?

『炎炎ノ消防隊』第201話

➡シスタースミレの正体とは?

アーサーの新たなる目的!

『ネクロマンス』第16話

➡サフィと神様の関係が明らかに!

『彼女、お借りします』第121話

➡祝!TVアニメ化、決定!!!

次回のお話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA